「指の横の硬い角質が気になる」その原因と自分でできるケアの方法

 

サロンのお客様でも「指の横の硬い角質が気になる」と言って「角質ケア」というものをされる方が多いですが、その角質ケアを自分でやる方法があります。

インスタに動画をあげてますので、やり方はそちらをご覧ください。

この投稿をInstagramで見る

自宅でできる。指の横の角質ケアのご紹介😊 . . 指の横の角質は結構カサカサ固くなってる人が多くて、サロンでもそこが悩み!って人が多いです。 . . ここがカサカサだと繊維に引っかかったりして、とっても気になる場所。 . 気になって自分で爪切りやハサミで固いところをきっている人が多いのですが、それはあまりおすすめできません。 . . 刃物でやると、切りすぎたりする危険性が高いし。剥いてしまうと角質が余計に取れてその後作られる角質が更に固くなってしまい、またガサガサになるという負の連鎖に陥ります。 . . サロンではマシンを使ってケアしますが、自宅でマシンがなくてもできる角質ケアの方法があります。 . . このやり方は昔からあるやり方ですが、道具は爪磨きセットを持っていたら、すぐできるし難しいことは無いのでおすすめです。 . . ✳ヒビ割れレベルの角質は、一気にそれを取ろうとして削り過ぎるはよくないです。このレベルの方は日にちを分けてちょっとずつ削ってならしてあげてください。 . . そして、この指の横が固くなる原因はブログで詳しく説明してます。プロフィールのURLから飛んで見てみてください。 . . #ネイルケア #ハンドケア #甘皮ケア #セルフネイル #セルフネイル初心者 #セルフネイラー #セルフネイルケア #ジェルネイル #ジェルネイルオフ #シンプルネイル #ナチュラルネイル #保湿 #角質ケア #ネイルケア専門店 #ルビッシュ #ハンドクリーム #ネイルオイル #ハンド美容液

ちょっとお手入れネイルケア専門店-Nana-(@oteire.yoyogi)がシェアした投稿 –

そこで、多くの方が抱えているこの「指の横が固くなる」現象の原因を知っていれば、これを予防できるかもしれないのでその原因について書いていきたいと思います。

 

指の横の角質が硬くなる原因

  1. 乾燥
  2. 擦れ
この2つが主な原因です。

肌の表面は角質です。その角質が乾燥しているとカサカサしたり、ひどいとヒビが割れてきます。

そして、同じ皮膚なのに指の横が分厚く硬くなるのは指先がよく擦れているからです。

擦れるというのは指先が何かに触れるとそれは擦れになりますし

爪が伸びて皮膚に食い込んでいる所なんかは常に擦れているという事になります。

この擦れる事が多いと、そこを守ろうとして角質が溜まっていきます。

意外と多い違った角質ケアのやり方

また、角質やささくれを爪切りやはさみでプッツンと切ってケアをしている人が多いのですが、その方法はあまり良くないです。

ささくれを剥いたりする癖がある人は、指の角質がどんどん硬くなるのと同じように刃物できると、角質を切り過ぎてしまう可能性があり、過剰に取れた角質を守ろうとさらに硬い角質が出来てしまいます。

なので、刃物を使って角質ケアをする事はかえって負の連鎖を生む事になるので私はおすすめはしません。

 

乾燥についての対処

指先の乾燥は、やはりこまめに保湿する事が一番大切です。

クリームではなく、角質に浸透しやすい植物系のオイルを塗るのが効果的です。

また、指先が乾燥しやすく、角質が溜まっている人の中には、肌のターンオーバーが正常に働いていない事も考えられます。

末端の部位なので、血流が悪い人はささくれや角質が溜まりやすい人が多いので血流を良くする事も、この指先の乾燥を守り、角質を溜まりにくくする方法の1つになります。

 

擦れについての対処

日常生活における指先を使う事での擦れはある程度は仕方ない事も多いです。

しかし、指先を使う=擦れる。事が乾燥や角質がたまる原因だと頭のかたすみに置いておくといいと思います。

そうすると、擦れから守れる場合があればは守れるからです。

例えば、

洗い物をする時は、手袋をして行う。

これに関しては、乾燥も防げるので是非やって頂きたいです。

掃除で何かをゴシゴシ拭く際も手袋か軍手を使う
掃除をする時も何か溶剤を使って掃除したり、ゴシゴシ力をいれて擦ったりするのでそこから守るために手袋などした方がいいですね。
手袋などをしてできる作業はなるべく手袋をしたほうがいいですが、できない場合も多いですよね。
そういう動作の後は、すぐに保湿のオイルを塗れば大丈夫です。
擦れた所を放置するのでどんどん硬くなります。また、いつも潤っている状態であれば何かに擦れても角質が硬くなりにくいと思います。
なので、ネイルオイルはとても大事なんです。擦れをカバーしてくれる役割も果たしてくれているような感じです。
この2つを抑えていても、角質は溜まりやすい部分です。
そういう場合は、動画でも紹介しているやり方で簡単に角質ケアができます。
昔からあるやり方ですが、使う道具は用意しやすいものだし、刃物を使う訳ではないので安心してできるケアです。
刃物を使う甘皮のケアに関してはセルフでやるのはあまりおすすめできないのですが、
この角質ケアはセルフネイルケアとしてやって頂いても問題ないと思うので紹介しています。
角質ケア後はすぐにオイルを塗って保湿するのを忘れずにやってくださいね。
このセルフでできる角質ケアで使う道具は、こちらで売っている「爪磨きセット」でできます。
他のメーカーのものでもできるので、持っている人はぜひやってみてください