【ジェルネイルのオフ】自爪への負担をなるべく減らすための方法

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くの方の生活が制限されて不便な事も多くなってきました。

私たちネイルサロンも例外ではありません。

外出自粛要請が出ている地域や、出ていなくても感染のリスクを減らすために外出は控えたいという方も多いと思います。

正直、先の見えないウイルスの戦いです。そのため、今まで月に1度行って付け替えていたジェルネイルも当分お休みしないと…という可能性も出てきているのが現状です。

実際に都内のジェルネイルサロンでは、ジェルネイルの付け替えは行わず、ジェルのオフだけのメニューをしている場所も出てきています。どんなタイミングでジェルをまた付けられるか分からないからです。ジェルネイルはしっかり付いていても1ヶ月以上放置すると生活への支障や爪への弊害が起きてしまいます。なので、今このタイミングでジェルを一度落とす。という判断は正しいと思います。

自爪に負担をかけないジェルネイルのオフのやり方

ちょっとお手入れでは、ジェルネイルを付けるメニューはやっていないのですが、ジェルオフをしてしばらく自爪で生活したい人のためのジェルオフメニューは行なっていました。

ただのジェルオフではなく、なるべく自爪の生活に戻った後も不便なく、自爪への負担を最小限に減らすためのジェルオフです。

ジェルオフだけでも、プロに落としてもらうのが一番ですが、今はそれも難しい状況かもしれません。

ジェルネイルのオフに必要なものは、今は通販で買えます。

必要なものを揃えて、正しいやり方をすれば、自爪に負担をかけずにオフできます。

逆にいうと、間違ったジェルネイルのオフをしてしまうと、たった1回の過ちで自爪をかなり傷めてしまいます。「ジェルネイル」で検索すると「薄くなる。傷む」と関連づけられている理由の1つが、間違ったジェルネイルのオフによるものです。

ジェルをつける際のサンディングでは、爪が傷む。というほど爪へのダメージは少ないです。

人によってジェルをしたら、爪が薄くなった。傷んだ。折れやすくなったという事が起こるのは、ほとんどジェルを取る際の行為で起きてしまっています。

「ただジェルを取る」だけではなく、どれだけ爪への負担をなくしてジェルを適切に取るか。で自爪への影響が変わってくるのです。

1つ1つの工程に意味があります。ただ道具を揃えて手順を踏めばいいわけではありません。

注意して行わないといけない工程が多いのでしっかりと、注意すべき点を踏まえてジェルネイルのオフを行なって頂きたいです。

なんとなく、いつもやってもらっているネイリストのお姉さんの動きを思い出してやってみても、きちんとオフはできないので注意して頂きたいです。

今、この状況でネイルサロンに行くのが難しい。自分で取らないといけない。という方のために

自爪への負担を減らすためのジェルネイルのオフのやり方をまとめましたので、参考にしてください。

手の動きなどは、動画の方がわかりやすいので、そちらも見てみてください。

準備するもの

どちらも、こちらに書いてある表記で検索すれば、通販サイトで見つかると思います

  • アセトン又はジェルリムーバー
  • アルミホイル
  • コットン
  • スポンジバッファー 220/240G
  • ファイル 80Gか10Gがおすすめ (Gとはグリッド 目の粗さを表す)
  • エメリーボード 自爪の長さと形を整えるためのもの。少し残ったジェルを取る時にも使う
  • ウッドスティック 代用品は割り箸。やりやすい形にファイルを使って整えると良い
  • ネイルオイル 皮膚の保護や保湿のために使う
  • ベースコート ジェルオフ後の爪の保護のために使う

 

STEP1 ジェルを削る

ジェルネイルをファイルで削ります。この後の工程でジェルを溶剤を使って溶かすのですが、その溶剤を浸透させるために、粗方ジェルを削ります。

このくらいまで削ります。

カラージェルが取れて、所々最下層のベースジェル(透明のジェル)が見えてくる

STEP2 アセトン(ジェルリムーバー)を巻く

粗方削ったジェルを、アセトン(ジェルリムーバー)という溶剤で溶かしていきます。

片方(5本)巻いたら、7〜10分くらい放置します。

STEP3  溶けたジェルを除去

ウッドスティックや、代用品の割り箸、メタルプッシャー等でアセトンで溶けたジェルを取り除いていきます。

ここでの最重要事項は、無理やり爪からジェルを剥ぎ取らない。です。

これは、悲しい事に実際のネイルサロンでもできていない所があるんですが…

爪は削る。以外の行為でも傷むのです。その1つがジェルを無理やり剥がす。です

アセトンで十分に溶けていないジェルを爪から剥がすと、自爪の表面も一緒に剥がれるという事が起きます。その部分は爪は薄くなるし、白っぽい線が入ってしまったりします。

下は無理やり剥がした事による爪の状態です。

この状態には絶対になってほしくないので、無理にジェルを取ることはしないようにしてください。

ジェルが浮いてきて、そこをペリッと剥がしてしまうのと一緒です。ペリッと剥がす事も自爪の表面が一緒に剥がれるのでこの2つが自爪を痛み付けてしまっているポイントでもあります。

もし、自分で無理にジェルを取らずにこれに近い状態に爪がなっていたとしたら、それはもしかするとそれ以前にジェルをオフした時に負ったダメージかもしれません。

STEP4 ジェルが取れた後の表面の仕上げ

スポンジバッファーで自爪表面を滑らかにする工程

先ほど挙げた、無理やりジェルを剥ぎ取り爪の表面が傷んでる場合。

この工程で少し表面は綺麗になりますが、あの白い線を完璧になくす。くらいまで爪を擦ってしまうと更に全体的に爪が薄くなってしまいます。

あのくらい表面のダメージがあった場合は引っかかりがなくなるくらいで止めておきましょう。

今までのジェルオフも綺麗に取れている爪の場合は自分でジェルを正しく取れば、先ほどのような爪の状態にはならないので安心してください。

 

STEP5 最後の仕上げ

以上が、自爪への負担を抑えたジェルネイルのオフのやり方です。

負担を抑えたジェルオフが必要な意味

ジェルをただ取るだけではなく、工程1つ1つに意味があります。

アセトンによる乾燥を防ぐためのオイルを塗る事や、無理やりジェルを剥ぎ取らない。等

この辺はプロのネイリストでも見落としているポイントなんです。

実際に私がお店でジェルオフをする時に多く言われる事があります

「こんなに丁寧にオフしてもらったのは初めて」「オフは痛いものだと思っていた」「オフしても自爪が綺麗でいられるなんて知らなかった」「綺麗に取れてすごいスッキリした」

このようなお言葉を今まで貰ってきました。そこで気づいたのは、私が当たり前に心がけている事が他では行われていない事。

他では自爪への負担を考えたオフが意外とできていないという事です。

ジェルネイルをしたら、爪が傷んだ。

という事実があるのはジェルネイルのオフがきちんと行われていないからです。

正しく取れば、爪が傷む。という表現ほど爪には負担はかかりません。

おそらく、このタイミングで自分でジェルネイルを落とすという人が多くなるだろうと思い。急遽ではありますが動画とこの記事をまとめています。

 

もちろん、初めて自分でジェルを落とす事はなれない動作なので難しいかもしれません。

でも、きちんと注意する事を1つ1つ行い。ゆっくり丁寧に行えばきっと、自爪への負担が少なく済むジェルオフができると思います。

 

これらが皆さまのお役に立てれば幸いです^^