ポリッシュ(マニキュア)をジェルネイルみたいに綺麗に塗るコツ

セルフネイルケア
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ポリッシュを自分で塗るのって難しい」こんなイメージを大半の人が持っていると思います。確かに、簡単に綺麗に塗れるものではありません。でも、ジェルネイルみたいに落とす時の面倒さはポリッシュにはないなので手軽さは一番です。

 

そんなポリッシュをもっと綺麗に塗る方法。ジェルネイルみたいなツヤツヤで綺麗に塗る方法をまとめてみました!

 

自分の爪の表面の土台(ベース)作り

セルフネイルで塗っている人の多くに、ベースコートは塗ってない。アレって本当に塗らなきゃいけないんですか?

と、ベースコートを塗らずに、いきなりカラーを塗っている人が多発しています。

 

しかし、綺麗に塗りたいならベースコートは必ず塗って頂きたい!

どうして塗らなくてもいいかという結果に至るのか不思議なくらい、私にとってベースコートは大切なのです!

でも、皆さんベースコートの大切さを知らないのでそういう結果になるのだなぁと思います。なので、今からベースコートの大切さを書いていきます

 

爪の表面は縦筋だったり、健康状態によっては横の溝があったりと、相当保湿がされてたり爪磨きをしている人以外はだいたい凸凹しています。

その凸凹をベースコートを塗ることによってカバーしてくれます。

お化粧でいうところの、下地のような位置付けですね。

お化粧も下地作りをきちんとしないとファンデーションのノリは悪いです。それと一緒です。凸凹を均さないとポリッシュも爪の表面の凸凹をそのまま反映してしまいます。

ベースコートを塗った後に塗るカラーを発色良くムラなく綺麗に塗るために大切な下準備です。

 

ちなみに、ベースコートはこれ以外に、

ポリッシュの持続性を良くしてくれる。
カラーによる爪への色素沈着を防いでくれる。

という役割も兼ね備えているので、別にムラになってもいいわよ!!という方でも必ず塗って頂きたいです。

 

自爪の表面の縦筋が強く入っている方は次のことをしてみてください

ベースコート1度塗りだけだとカバーしきれない場合もあるので、ベースコート2度塗り
爪磨きをして爪の表面の筋を消し、その上からベースコートを塗る

健康的で、縦筋も少しだけの人なら1度塗りでOKです。触ってあきらかにたての筋が入っているのが分かるくらい強く入ってしまっている人は上の方法を試してみてください。

爪の筋や凸凹をカバーするだけで、カラーを塗った時の筆の動きがスムーズになり断然塗りやすく、綺麗に塗れます!!

透明だからといって、適当に塗ってはいけません。ベースの上にカラーが乗るので、塗れてないところがあるとムラの原因になります。

カラーは2度塗りが基本

これは、知っている人が多いと思います。

シャネルやディオールのポリッシュなど、発色がとてもいいマニキュアでも2度塗りを推奨しています。

1度塗りでも色が出てる!と思っても、ツヤはそこまで出ません。2度塗りして本来の色とツヤが出るので必ず2度塗りするようにしましょう。ポリッシュは艶が命です。

 

しょこにゃん
しょこにゃん

でも、2度塗りすると厚くなったり、乾きも遅いし、ムラになったりもするんだよね。

なーちゃん
なーちゃん

ん〜それは、塗布量の問題かな。

そうなんです。2度塗りは2度塗りなんですが1回1回の量が適切じゃない人が多いです。

 

カラー一度塗り目は薄く、縁取るように塗れ!

量は少なくていいです。ムラもある程度はOK。ただし、際を綺麗に縁取るように塗ってください。

一度塗り目からたっぷりムラをなくそうとよくばって多く取ってぬるのはNG

筆にたっぷりカラーがついていると際を塗る時に高確率ではみ出します。はみ出した物を最後に拭き取るのも手間なのでなるべくはみ出ないのが理想です。

 

筆の厚みやしなり具合にもよりますが、筆についてる液が少ないほうがキワは綺麗にぬれます。しっかりとここでキワを塗っておくと塗り残しが少なく済みます。

 

2度塗り目はたっぷりめにササッと塗れ!

1度塗り目はある程度ムラはOKと言いました。2度塗り目も同じ分量だと綺麗に発色しません。

筆をペタペタ何回も同じところをなぞるとムラの原因になります。

爪の大きさにもよりますが、筆を動かすのは3・4回で素早く塗るのが理想です。

この時筆に圧力をかけすぎないように、サッサッと塗ってください。

 

1度塗り目でのムラも、この方法で発色が良いツヤツヤな状態に仕上がるはずです。

トップコートは速乾と艶重視のものを使うべし

仕上げはトップコートを塗ることです。

ただのトップコートより、速乾と艶の持ちがいいものを選んでます。

 

ポリッシュの弱点は、乾くのに時間がかかることです。

トップコートを速乾性のものにするとその時間が短縮できます。

速乾性のものはたくさんありますが、私はCNDのバイナラクス インフィニットシャインを使ってます。

表面は3・4分で乾きますし、完全に乾くのも20分くらいでしょうか。

あと、インフィニットシャインは乾きが早いだけでなくポリッシュ自体の持ちも良いと思います。

これにしてからポリッシュの持ちが2週間〜3週間と伸びた人が続出しました。

艶もかなり出るので、カラーさえ綺麗に塗れればジェルネイルと同じくらいの艶感が出るのでお気に入りです

 

さいごに

ここまで読んで頂きありがとうございました。

「なんだ、基本的なことじゃないか」と思った人もいるかもしれませんが、その基本的なことを見つめ直してみるとガラッと変わるかもしれません。

実は・・・今回書いた事はネイリストからすると基礎中の基礎の事ですが、これらを1つでも手を抜いたり失敗すると最終的な仕上がりに大きな差が出ます。

ネイリストの検定でもポリッシュを綺麗に塗る事が試験の大きな部分を占めているくらい、ポリッシュって奥が深いのです。

 

まずは、基本を見直してきっちりこなしていくと綺麗に塗れると思います。そしてこの塗り方に慣れさえすれば苦手なポリッシュも克服できますよ〜!

コメント