どうして毎日髪の毛は洗うのに、手や爪は何もしないのか

爪を育てるネイルケア
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
しょこにゃん
しょこにゃん

どうして毎日髪の毛は洗うのに、手や爪は何もしないの?

毎日髪の毛はシャンプーしてトリートメントきちんとする。

朝はワックスなどつけてスタイリングまで怠らない

歯はきちんと磨くのは当たり前だし、顔のスキンケアは面倒くさい日でも化粧水は塗る。

では、上記の事をするための体のパーツ。手・爪はそのあときちんとケアしていますか?

答えはほとんどの方がノーです。

ですが、言われてみればなんだか不思議ですよね。

一番使う身体の一部をケアしていない。これは一大事だと思いませんか?

なぜ爪や手はケアしない人が多いのか?

お店にいらっしゃるお客様の8割は普段は手や爪は何もケアしないという人です。

残り2割の方がご自身でもケアしている人です。

ネイルケア・ハンドケア=難しい。自分じゃできない。プロにやってもらう事だ

そう思っている方が多いですが、ハンドクリームやネイルオイルを塗る事も立派なネイルケア・ハンドケアなんです。

ネイルケア・ハンドケアをするメリットを知らない

ネイルケア・ハンドケアをすると自分の手や爪がどうなるか知らない人が多い。

逆に、今ハンドケアネイルケアを怠ると将来どんな悲惨な手になるかを知らない人が多い

一番上でも挙げた。『髪の毛を洗う・トリートメントをする』コレをすることにより、髪の毛を清潔に保てる。髪の毛のダメージを防ぐ。などやった後の効果が実感しやすいです。

『歯を磨く』⇨虫歯予防・口内環境を整えるため

『顔のスキンケア』⇨肌トラブルを防ぐ。お化粧ノリを良くする。

ではネイルケア・ハンドケアはどうでしょう?

『ネイルケア・ハンドケア』⇨爪の形が整う。綺麗な爪に育つ。乾燥知らずでささくれや指荒れがなくなる。他にもたくさんありますが。今日はこの辺で止めておきます。

実際に皆さんの感覚で、この結果は想像できていますか?

なんとなくの感覚で、具大的にどうなるかは出てこない人が多いかもしれません。

ですが、「髪の毛を洗うことによって得る事」みたいに頭の中に入ってくれば、ネイルケア・ハンドケアをやってみようと思えませんか?

ネイルケア・ハンドケアを習慣化できていない

さて、ネイルケア・ハンドケアをすることによって得る事を理解しても、それを習慣化するのは難しいと思います。

「髪の毛を洗う」「歯を磨く」などは子どもの頃から生きていく上で習慣化され、当たり前にやる行為です。

「スキンケア」はどうでしょう?

スキンケアはある程度成長してから「ニキビができた⇨直したい」「美白になりたい⇨美白したい」

こういう欲が出てきて、スキンケアを始めて気がついたら習慣化していた。という感じだと思います。

皆さんが当たり前のようにやっている「スキンケア」は元々習慣されていなかった行為です。

目的やなりたい像がきちんとあれば、面倒なケアも気づいたら自分にとってかかせない習慣になるのではないでしょうか。

ハンドケア・ネイルケアを習慣にするためにすること

目標を持ってネイルケアとハンドケアを習慣にする。

まずは、目標を作ること。自分がどんな手になりたいのか。何の悩みがあるのか考えてみること

「手を綺麗にしたい」この漠然とした目標だと習慣にするのは難しいです。

「いつまでに・具体的にどんな手になりたいか」まで決めると最初は続けやすいかと。実際に、私のお店でも「ネイルケア・ハンドケア2ヶ月集中モニターコース」で通われている方は結果がでるのが早いし、ケアを怠らない優秀な方が多いです。

2ヶ月間の間は、2・3週間に1度にお店でケアをします。その間のお店にきていない間はご自身で保湿のケアを徹底的にしてもらいます。

「深爪・指荒れ問題」この悩みを抱えている方が多いのですが、早い人だと2回目の来店でびっくりするほど綺麗になっている人がいます。それは早いうちに保湿ケアなど手の使い方、意識が変わった人たちです。

日頃のちょっとした意識の違いで、ネイルケア・ハンドケアは欠かせない。となってくれると手が綺麗になる近道になります。

下に貼る写真は「2ヶ月集中ケアモニター」に通われた方の手です。

こんな風に手や爪は変わることができるのです。

「深爪を直したい」「ささくれのない手にしたい」「手触りのいい手にしたい」「乾燥に負けない手にしたい」具体的にどうなりたいか決めると、自分が何のケアをするべきかが見えてきます。

悩みによっては、プロの手を借りたケアが必要な場合もあれば。

自分だけのホームケアだけでも充分綺麗になる場合もあります。

例えば「食器洗いや水仕事は必ず手袋をしてやる」これを習慣にするだけで手荒れや手が乾燥することから解放される方もいます。

実際に、20年以上家事歴がある主婦の方が20年前から手袋は必ずして食器を洗います。それだけは守ってます。という方の手はびっくりするほど綺麗な手でした。ささくれもないし、皮膚も硬くなく、カサカサしてない、ハリのある手をされていました。手袋をする事は習慣になってるので、面倒くさいとか思いません。とも言ってました。

習慣になると、最初はちょっと面倒。ということもなくなる訳です。

さいごに

手や爪は、私たちが生活するためには欠かせない身体のパーツです。

「いつもお世話になっております。手元さん」

この気持ちがあれば、少しは手元のケアを見直し、労わってあげられるのではないでしょうか。

コメント